実際に見て手に取って気に入った商品をその場ですぐに記録できるのがかけはしの特徴です。

商品のかけはしメモリーを利用すると、商品を記録していただいたお客様をいつでもネットショップに誘導でき、その場で購入に至らなくても関係が途切れることはありません。

たとえば旅先で気に入った商品をみつけても、旅の途中では荷物になるなど、様々な理由ですぐには購入に至らないことが多いものです。しかし、商品のかけはしメモリーを利用すると、気に入った商品をその場でスマホに記録していただくことができるため、普段なら通りすぎていくだけだったお客さまとも長く関係を保つことができます。

更に、レター機能を使うことで商品を記録していただいたお客様に定期的にお便りを送ることができます。実店舗での集客リピーター獲得にお悩みの方は、是非商品のかけはしメモリーをお試しください。かけはしメモリーを商品値札へ印刷したり葉書サイズのかけはしメモリーを商品値札に添えたりするだけで、お客さまとの交流の窓口が広がります。

  • 1[商品管理]を選択

    管理メニューから[商品管理]を選択します。
  • 2商品の登録①

    [商品追加]を選択します。
  • 3商品の登録②

    商品名、画像、該当商品のネットショップカートURLを入力し[登録]を選択します。
    [商品の登録確認]のダイアログが出てくるので、よければ[はい]を選択します。
  • 4登録の確認と商品選択

    商品が登録されました。
    印刷用のメモリーを作るために、登録した商品を選択します。
  • 5印刷用メモリーの作成

    [印刷用メモリーの作成]を選択します
  • 6デザイン・大きさ・色の選択①

    [店内掲示用]は、A4または葉書サイズの3種類のテンプレート画像です。例えば葉書サイズのメモリー画像を値札にクリップ留めして利用します。

    [イラスト入り]は、マーキング犬のマーキン等のイラストが入った5種類のテンプレート画像です。

    [QRコードのみ]は、イラストがなくQRコードのみが作成されます。

    各メモリーのサイズは、印刷時のイラストとかけはしメモリー全体のおおよそのサイズです。作成したメモリー画像を拡大縮小すると利用できない場合があります。読み取りテストを行ってからご利用ください。
    「?」ボタンを押すとそれぞれのイメージ画像が確認できます。

  • 7デザイン・大きさ・色の選択②

    かけはしメモリーは、シンプルなものからイラストが入ったもの、店内掲示用のA4サイズ・ハガキサイズなど様々なテンプレートをご用意しています。

    利用したいデザインとサイズ、色を選択していきます。色は5色から選択できます。

    ※イラスト入りのメモリーは図柄により色が決まっています

  • 8サンプル画像の確認とダウンロード

    サンプル画像を確認します。
    OKなら[ダウンロード]を選択します。
  • 9画像の保存[スマホの場合①]

    画面下部のメニューアイコンを選択します。
  • 10画像の保存[スマホの場合②]

    [画像を保存]を選択すると、スマートフォン本体の画像フォルダに保存されます。商品値札等に印刷してご利用ください。

    ※この時点では商品は非公開となっています。

    続いて[商品を商品棚に入れる]ことで、かけはしページに商品が公開されるとともに、メモリーを読みとったお客様が商品をスマホに記録することができるようになります。詳しくは[6.商品を商品棚に入れて利用開始する」を参照ください。

  • 11画像の保存[パソコンの場合]

    通常の方法で画像をダウンロードし、保存します。商品値札等に印刷してご利用ください。

    ※この時点では商品は非公開となっています。

    続いて[商品を商品棚に入れる]ことで、かけはしページに商品が公開されるとともに、メモリーを読みとったお客様が商品をスマホに記録することができるようになります。詳しくは[6.商品を商品棚に入れて利用開始する」を参照ください。